なってしまう理由は

コップと薬

世の中で短小包茎と呼ばれている人にもさまざまなパターンがあります。
たとえばあなたも聞いたことあると思いますが、「真性包茎」と「仮性包茎」という2種類の状態があるわけです。
短小包茎で悩んでいる人だったら、大体どちらかのパターンになってくると思います。
ではこの2つは主にどのような違いがあるのか?その詳しい内容について今回は見ていきたいと思います。

まず「真性包茎」についてですが、これは包皮と亀頭が綺麗にくっついてしまっている状態を指します。
つまり包皮の中にある亀頭を外にまったく露出できないのが大きなポイントです。
短小包茎になっている人の多くはこの真性包茎というパターンだったりするでしょう。
個人差はありますが、真性包茎の人の中には皮が長い人もよくいます。
皮が長いということはその分亀頭を外に出しずらいので、その皮の存在によってペニス全体がうまく成長しないわけです。
その結果、大人になっても変わらず短小包茎という状態になってしまいます。
真性包茎は自力で皮を剥くのが難しいので、ほとんどの場合は病院で相談した方がいいでしょう。

対する「仮性包茎」と呼ばれるものですが、こちらは通常時においては同じく皮がかぶっている状態です。
しかし勃起することで皮から亀頭が出てきます。
日本人にはこのパターンがとても多いといわれていますが、主に思春期に皮がかぶったままオナニーをすることが多い人によくあるパターンです。
あまり皮がかぶっている状態でオナニーをしすぎてしまうと皮が伸びてしまうので、できればたくさんすることは避けた方がいいでしょう。